江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
和箪笥の金具を外す

時代物和箪笥の金具を外しました。

 

本来の木肌が現れ、経年によって付着した汚れとの対比が見られます。

 

作製当時は桐肌を活かした白色の仕上げだったことが分かりますね。

 

【2019.06.15 Saturday 17:00】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
古い和箪笥の修理を進めています

大正期から昭和初期ごろにつくられた山形製和箪笥になります。

 

「母は器用な方で、色落ちしたこの箪笥を自身で刷毛塗をした記憶があります。」

 

依頼者の娘さまよりお聞きしました。

 

じっくり拝見しますとおっしゃる通りあちこちに刷毛跡が残ります。

 

おそらくラッカー塗料をお使いになったように思いますが、

剥がし落とすのは結構大変な作業になるんですよ。

 

古箪笥の金具を取り外してから傷んだ木部の全面修理を進めています。

 

本来の木肌が現れてきました。

 

表面材はケヤキ材が使われていますね。

 

ケヤキは高級材ですので、当時は吟味してつくられたと思われます。

 

【2019.06.13 Thursday 17:28】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
和箪笥のアップサイクル

江戸期の衣裳箪笥

 

比較的温暖な関東地方で良質な桐が産出されたため、桐箪笥が多く作られました。

形式様式は古く、江戸期につくられたものと思われます。

 

とにかく状態が酷かった、、、

木部がボロボロで全体的に腐食していたため、箪笥の用を得ない。

 

「再生してよみがえらせたい!」

 

依頼者の熱い想いを伺いましたし、

当店をご指名下さったことに感謝し修理をお請けすることになりました。

 

予想を上回る期間を要しましたが、ようやく完成となったのです。

 

【2019.05.23 Thursday 17:55】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
和箪笥の楽しみ方

以前和箪笥をお直ししたご依頼者より素敵なメールが届きました。

 

「直したころは黒に近かった漆仕上げも次第に木目が冴え出る赤み、アメ色に変わって来ました。

時を経て変化する様を楽しんでいます。」

 

【2019.05.17 Friday 08:44】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
シンガポールより素敵なお便り

五月五日のこどもの日

 

数年前、和箪笥をお直ししたお客様より温かいお便りが届きましたのでご紹介したい。

箪笥の上の飾られた兜が何とも素敵なお飾り・・・

漆塗りの箪笥は、塗り上げた時よりも少し赤みが増して艶やかさも感じる。

 

【2019.05.05 Sunday 10:23】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
熊本県人吉市よりこんにちは・・・
熊本県人吉市在住A様(男性)よりご依頼の時代物箪笥

「ご先祖様の箪笥をきれいに修理してほしい!」
遠方よりご縁があって当方に修復再生のご依頼があったことに深く感謝申し上げます。
時代は明治期でしょうか・・・。
経年の痛みはやはり多く見られます。
見事によみがえらせることをお約束いたします。
【2016.03.14 Monday 18:40】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
大正期の時代物衣装箪笥を修理
静岡県牧之原市在住A様(男性)より 時代物箪笥の修理依頼

奥様のご先祖様が使用していた箪笥。
ご依頼者の温かい想いが長い時を経て再び蘇る。

奥様のご実家は海鮮問屋さんだったそうで、
昔の前掛けを使った飾り付けが素敵です。
 
≪修復前≫


≪修復後≫


≪ご自宅にて≫

 
【2014.01.04 Saturday 11:51】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
閂型の明治期の時代箪笥/修理/再生
宮城県仙台市在住、荒井様(60代女性)
「処分しようと思ってましたが、捨てるには偲びがたかった・・・隣県の山形に修理するところがあったんですね。」

≪再生中≫
カンナで一削り!
真ん中の縦棒に閂は新たにつくりました。



≪再生後≫
実際のご依頼者宅にて撮影

【2013.08.28 Wednesday 18:03】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京に住む娘さんへ贈る・・・リペア箪笥
『東京に住む娘へ贈りたいです。』

数十年前に家具屋さんに依頼した特注品。

ケヤキ材が使用され、なかなか素敵な趣があります。

経年の痛みが出ているため、
金具を取り外して全面修理を行いました。

≪再生前≫




≪再生後≫

塗替えをし、きれいなケヤキの木目がくっきりと表れています。

引き戸はそっくり交換し、新しくつくり直しました。

金具は磨いて塗り直ししております。



 
【2013.06.08 Saturday 16:34】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
黒柿和箪笥の再利用〰新たなオーナーのもとへ・・・
総桐黒柿仕立盆入和箪笥

数年前、当社が中古品として買い取った三つ重ねの和箪笥。
用材は、総桐に前面黒柿が使われた大変良質な和箪笥です。

しかし、経年の痛み(割れ・隙間・汚れ・キズなど)が残ります。

修復再生をして再び箪笥としての用を成すべく
新たなオーナーを探しておりました。

ブログで紹介したところ3名の方からお問い合わせがあり、
先着の方お一人様へ一部修理をして販売いたしました。

僕は、現代の愛着や共感を持てない量産家具に抗議します。(言い過ぎですが・・・)
使い捨ての生活が定着した中で、市場には安価な家具が好まれ満エイしています。
決して消費者を否定しているのではなく、
売る側に大きな原因があるのではないでしょうか。
「いいものを作ろう」とこだわりを持って来た家具メーカーは苦戦を強いられ
数多くの仲間が業界を去った今日があります。

古い家具を再発見し、かつ再利用していこうという動き。

時代に逆行しているかもしれませんが、
「古くてもいいものは再利用して使いたい」と思っている方・探している方は
全国にまだまだいます。


そんな方々のために今後もご提案して行きたいと考えております。

2013.4.13   店主 井上英俊



 
【2013.04.13 Saturday 09:58】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(2) | trackbacks(0) |