江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
黒柿の茶箪笥…修理中!

昭和期の小ぶりな黒柿茶箪笥

 

希少な黒柿材を使用した茶箪笥。

経年により傷んでしまった塗膜面、歪みや割れも生じています。

古い塗膜を剥して元々の木地を表した状態で

これから塗装に入ります。

【2018.02.18 Sunday 16:48】 author : やまひょう
| 茶箪笥のリフォーム | comments(0) | trackbacks(0) |
昭和の飾り棚修理
仙台市在住50代女性より修理依頼

幼いころから茶の間にあったという飾り棚。
経年の風合いを生かしながら下部引戸と扉の部分を修理して塗り直しました。
金具は既存のものを磨き直して再利用しております。
【2016.03.15 Tuesday 16:20】 author : やまひょう
| 茶箪笥のリフォーム | comments(0) | trackbacks(0) |
昭和期の茶箪笥 修理依頼品
昭和期のなつかしい茶箪笥

.織發量斂椶美しい茶箪笥
塗替え修理を進めています。


桑の茶箪笥
希少な桑材が使われています。
修理を進めています。
【2014.03.02 Sunday 13:53】 author : やまひょう
| 茶箪笥のリフォーム | comments(0) | trackbacks(0) |
茶棚・飾棚の修理
tyadana

before


after
 
【2013.08.02 Friday 14:15】 author : やまひょう
| 茶箪笥のリフォーム | comments(0) | trackbacks(0) |
『亡きおばあちゃんの形見・・・茶箪笥』
『今は亡きおばあちゃんの茶箪笥を直したい!」

昨年の12月頃、埼玉県所沢市在住K様(女性)よりご依頼いただいた茶箪笥です。
昭和初期、約80年前の茶箪笥は、
長い時の経過でさまざまな痛みが見られます。
そして、その痛みは想い出を語る痕跡として、とても愛おしいものです。

昭和初期の茶箪笥(修復再生前の状態)


木部の修理を終え、塗装前の状態です。




修復再生を完了した茶箪笥




ご依頼者K様宅で実際に飾られている写真です。
ちょうど『ひなまつり』の節もあり、
娘さんのお雛様が置かれました。
素敵な演出ですね。
【2013.03.07 Thursday 22:15】 author : やまひょう
| 茶箪笥のリフォーム | comments(0) | trackbacks(0) |
また一つ、レトロな茶箪笥が甦った!
昭和期に一世を風靡した『茶箪笥・和茶棚』・・・

日本人のライフスタイルの変化から、
最近ではめっきり需要が減ってしまったように思います。

昭和の時代には、
茶の間から次第に客間へと置かれるようになり、
見栄も相まって、
「隣の家よりも・・・他の人よりも・・・。」
と高額なモノが売れました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ご依頼者:福島県在住・O様(女性)

この度お預かりした茶箪笥は、昭和中期頃のものと思われます。
前面には、木目の冴えたケヤキが使われています。

≪痛んだ現状・診断≫
ゞ脆弔粒笋貎瑤所
▲ラス引き戸の敷居溝すり減り
0出内部の汚れ
い△舛海舛忘澆襯ズ
ヅ描の劣化

痛んだ部分をそれぞれ修理を施します・・・・・

【修理前の写真】



【修理中】
★ガラス戸敷居の交換


★鏡板割れの補修


★引出内部の漂泊・抗菌・消臭処理





【修理後の写真】
各所痛んだところを修理して甦った茶箪笥です。
 
【2013.02.03 Sunday 10:50】 author : やまひょう
| 茶箪笥のリフォーム | comments(0) | trackbacks(0) |
昭和レトロな茶箪笥
茶箪笥は、
茶道具を収納する棚から菓子やその他小物を入れるものとして
時代と共に大きく変化してきました。

住宅の「茶の間」と言われる家族団欒の居室に置かれたり、
手の込んだものは、
お客様を招き入れる、「客間」にも置かれました。

修理依頼のこちらの茶箪笥は、
ケヤキ材が用いられ
今では希少となったガラスが使われています。
 

痛み
ガラス引き戸の溝がかなりすり減ってしまったため、
開閉が困難に・・・。


修理
新たに溝を入れた新材を使って交換いたしました。
これで、開閉もスムーズに・・・



痛み
引き戸の鏡板が割れ・反りが出ています。





修理
割れて隙間の開いた部分は、はぎ合せます。




ここで完了ではありません。

金具を外して、
下地を調整して塗り直しの作業に入ります。

完成に乞うご期待!
【2013.01.07 Monday 15:58】 author : やまひょう
| 茶箪笥のリフォーム | comments(0) | trackbacks(0) |
大正レトロな美しい茶箪笥
ご依頼者よりお聞きすると、
大正期につくられたものと思われる茶箪笥です。

箪笥の表面は希少な黒柿材が使われ、
とても手が込んでおります。
シンプルでとても上品な茶箪笥ですね。

 
【2013.01.06 Sunday 13:37】 author : やまひょう
| 茶箪笥のリフォーム | comments(0) | trackbacks(0) |
甦った!昭和の良き茶箪笥
思い出がたくさん詰まった茶箪笥。

先日、古い塗膜を剥がし、木肌を調整した状態で紹介しましたが本日完成となりご依頼者へ納めて来ました。

木目が前よりはっきりと見えます!
とてもいい木目ですね。
下処理をしっかりすれば木目が冴えます。


実際にご依頼者の茶の間へ納品しました。
大変喜んで下さり職人冥利に尽きます。
正月に息子さんご家族が帰省するとのことで
この度の茶箪笥塗り替えが話題となり、亡きご主人の思い出話に華が咲きそうですね。


前回の話
【2010.11.30 Tuesday 15:44】 author : やまひょう
| 茶箪笥のリフォーム | comments(0) | trackbacks(0) |
水屋箪笥の修理
古い水屋箪笥です。

痛みがヒドク!
バラバラにして組み直しの修理です。

骨組みだけが残り、形はお分かりになると思います。

【2010.11.19 Friday 16:04】 author : やまひょう
| 茶箪笥のリフォーム | comments(0) | trackbacks(0) |