江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
レトロな高級書棚/修理/塗装/再生/修復
レトロな高級書棚の修復再生

≪再生前≫
 

≪再生後≫
下地を調整・補修をしてから塗り直し。
くすんでいた木目がくっきりと!
ケヤキの美しい木目が冴えました。

【2013.08.28 Wednesday 15:24】 author : やまひょう
| 昭和レトロ | comments(0) | trackbacks(0) |
飛騨産業・・・昭和レトロなサイドテーブル
曲げ木のサイドテーブル

当木工作業場で10時・15時の際に一服するコーヒーテーブルとして使っています。
小ぶりで持ち運びも楽。
とても重宝しています。
細身の脚のフォルムが好きで愛着があるんです。



【2010.03.02 Tuesday 10:47】 author : やまひょう
| 昭和レトロ | comments(0) | trackbacks(0) |
古時計〜明治時計株式会社
一人暮らしの70代女性からいただいた古時計。

押し入れの枕棚奥にしまわれていた。

明治時計株式会社製の古時計は昭和レトロの漂うなつかしい趣・・・。

故障して動かない時計でしたが早速当店内に飾りました。




【2010.02.27 Saturday 14:06】 author : やまひょう
| 昭和レトロ | comments(0) | trackbacks(0) |
1959年幼稚園三月号付録品 小学館
5年前に蔵の解体現場に落ちていたもの。

レトロな色彩だったので気に入って拾って来ちゃいました。

それから今日まで机の中に。

机の中を整理中に見つけ、改めて見直すと幼稚園三月号付録と書かれている。

小学館の発刊する幼児向け雑誌の付録だろう!

小物入れ?

蓋みたいなもので下半分が無くなっている。
タイヤがついてたのかな?

サイズは長さ7cmほど・・・

いつの時代のものだろうか?

車のナンバーに注目!

『1959−3』

これって1959年3月ってことでしょ!

約51年前ですよねびっくり驚き

ネットで調べると1932年に『幼稚園』って雑誌が創刊されてる。

そんな前からあるんだぁ〜拍手

よくも残ってましたね。

僕が拾わなければ土に埋もれていただろう・・・。

新たな価値を見出して完全品ではないが
磁石を100円ショップから買ってきて紙粘土で固め入れ、マグネットとして使おうと考えています。




【2010.02.10 Wednesday 13:53】 author : やまひょう
| 昭和レトロ | comments(0) | trackbacks(0) |
懐かしや・・・G-SHOCK  AW-500
確かあれは1993年の頃。

当時僕は19歳で学生でした。
多くの友達がG−SHOCKを身につけていてちょうど流行の全盛期!

僕も欲しくて欲しくて初めて買い求めたのが「AW−500B−7」。

学生でしたからお金もなく、親の仕送りの中から工面して買いました。

この頃付き合っていた彼女と共にお揃いで買ったものだから特に思い出が残るもの・・・。
(その時の彼女が今の奥さんなんですけど楽しい

今は全然使っていませんしすっかり電池も切れてしましました。

この時計のことでたまーに奥さんと思い出話しています。
そんな記念の品なんですよね・・・。

【2010.02.05 Friday 11:27】 author : やまひょう
| 昭和レトロ | comments(0) | trackbacks(0) |
昭和天皇御在位50年記念100硬貨
なぜか家にあった記念硬貨!

欲深な僕は現在の価値が気になって早速ネットで検索。
オークションなどではせいぜい250円ぐらい。
ちょっとがっかり悲しい


【2010.02.04 Thursday 12:29】 author : やまひょう
| 昭和レトロ | comments(0) | trackbacks(0) |
昭和レトロ/東京国際空港名入りアルミ製皿/今話題の日本空港
昭和レトロ品発見!
今回はかつての東京国際空港でお土産品として売られていたのであろう(あくまで推測)、アルミ製のお皿。
今何かと話題のJALの飛行機が飛び立つところがプリントされている。
飛行機マニアには魅力あるものだろうか!?

お客様の押し入れ戸を襖戸から折り戸へリフォーム工事の際、押し入れに眠っていたものです。
処分してほしいと言われたものの中から見つけました。

【2010.02.03 Wednesday 17:55】 author : やまひょう
| 昭和レトロ | comments(0) | trackbacks(0) |
希少品!戦前?戦時中?古いカルピスの空き瓶
昨日、70歳代女性:一人暮らしのお住まいの家に小屋片づけのお手伝いに行った。

小屋の中は木箱や段ボールの箱で山積み。
立会いの下、箱を開封しながら「いる物」・「いらない物」を一つ一つ振り分け処分となった。

山積みの箱の中で古い木箱が3つ。
興味シンシンで開けて吃驚びっくり
ねずみの死骸が・・・冷や汗

こっちの木箱は?(恐る恐るOPEN)
古い「盃」・「湯のみ茶碗」・「レトロなガラスコップ」
その中で特に目が止まったのは

カルピスの空き瓶

いつ頃のものだろう。
その空き瓶がこれだ↓


瓶の中には当時のカルピスの沈殿物が残ってます。
ラベルも何とも言えないレトロ感たっぷり。
キャップも付いてて僕のレトロコレクションに。

時代はいつ頃のものだろう!
ご存じの方は教えてください。
【2010.01.29 Friday 16:06】 author : やまひょう
| 昭和レトロ | comments(0) | trackbacks(0) |
昭和30年代のガラス・・・掘り出しもの
ガラス屋のご主人から連絡が来て・・・

古くから付き合いのあるガラス屋で昨日電話が入る。
「古いガラス見つかったぞ!見に来い。」

早速今日仕事の打ち合わせも兼ね見に行った。

ガラス屋「ほれ、見てみろ。なかなか無い大きなガラスだぞ!お前探してだっけべ。」
「ずいぶん大きさがあるね。枚数も結構あるし、今では珍しいっス。」
ガラス屋「横から見てみろ。歪んでるだろ。ここには気泡も入ってるし。」
「ほんとだ、歪んでる。この歪みがいいんだよなぁ〜。」

そんな会話をしながら見入りました。

寸法は約幅80cm弱×高さ100cm強×厚み3mm
枚数20枚
※画像で青く見えるのはブルーシートが写ってしまっています。


このようなレトロなガラスは家具再生用に使います。
たとえば古い茶箪笥のガラス戸(割れたもの)・飾り棚など・・
古民家の建具戸などにも使う場合もあります。
新しく創作家具をつくる際もこだわりとして古いガラスを使うケースもあります。

すべて譲って貰いました。
しばらくこれで古いガラスのストックが出来て良かったです。

もしも、古いガラスをお探しの方がいらっしゃいましたら何枚かお譲りします。
自分だけ独占しているようで申し訳ないので・・・
なかなか手に入んないですよ。
【2010.01.27 Wednesday 17:24】 author : やまひょう
| 昭和レトロ | comments(0) | trackbacks(0) |
大正時代の「桐」と「黒柿」の衣裳箪笥
久々に上質な箪笥・・・

大正期の桐箪笥
寸法/幅118・奥行45・高104cm
材質/総桐・縁部:黒柿
塗装/ウレタン塗装
仕上/修理再生品
販売価格/100,000円(税込)
※運賃、配送料は別途となります。

大正時代の衣裳箪笥。
全段大引きの抽斗の仕様となり、柾目の桐で上質な用材が使われている。
縁には黒柿を使い、黒白のコントラストが素敵です。
錠前部と取っ手は銅製のものが使われている。





【2010.01.12 Tuesday 17:01】 author : やまひょう
| 昭和レトロ | comments(0) | trackbacks(0) |