江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 福島県猪苗代より・・・古箪笥の再生 | main | 懸硯〜かけすずり >>
山形の古箪笥・・・明治の箪笥
二棹の古い箪笥を修理してほしいとお預かりしました。

明治初期の和箪笥(修復済み)
修理・・・
“發紛失していたため、金具と共に新しく作り直しました。
金具はすべて取り外して磨きなおしの塗り直し
L敝瑤楼貮解体組み直しをしました。
ぐき出し2・3段前には閂型の鍵が付くのだが予算により断念。
 


明治末期の和箪笥(修復済み)
修理・・・
〕兀爐禄未澆砲茲辰涜腓く隙間が開いている状態。
金具は腐食で使えない箇所多数有。新しく復刻しています。


【2012.02.19 Sunday 15:19】 author : やまひょう
| 山形:最上時代箪笥の修復再生 | comments(2) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
おはようございます。先日買った古民家にイタズラ書きのある最上箪笥らしきものがあります。再生をしたいのですが、お値段はいかほどになるのでしょうか?できれば朱塗り仕上げ希望です
| 小平恭代 | 2013/08/16 5:15 AM |
小平様。
はじめまして。
店長の井上です。
コメントありがとうございます。

お値段に関してですが、
十数万円から二十数万円と大枠でしか申し上げることが出来ません。(朱塗りは通常よりも割高です。)
せめて画像をメールなどでいただければ、具体的な金額もご提示出来るかと思います。

メール↓
jidaiya@yamahyo.com

お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。
| やまひょう | 2013/08/17 10:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170739
トラックバック