江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 黒柿和箪笥の再利用〰新たなオーナーのもとへ・・・ | main | 桐箪笥修理完了 >>
二本松箪笥の修理/今だから言える
東日本大震災から二年が過ぎ、今だから言える。

時代箪笥の修理を依頼されたのは、福島県南相馬市に在住のHさま

修理を完了し、平成23年3月12日に配達を予定していた。

配送に関しては配送業者に委託し、
10日には中継所の相馬市に到着していて、12日の配達を待つばかりだった。

11日の震災から箪笥は行方不明に・・・。

配送業者にようやく連絡が取れても、
「福島の相馬中継所と連絡が取れないので・・・このような状況なのでご理解ください。」 としか回答がない。

依頼主のHさんとも連絡が取れず、その安否が大変心配された。

約一週間が過ぎたころだったと思う。
依頼者Hさんから電話が入り、家族皆さんの無事が確認されホッとした。

相変わらず箪笥の行方は分からず、業者からの連絡を待つしかなかった。

約一か月を過ぎたころ、
ようやく箪笥の所在が確認され当店に戻って参りました。

しばらく当店で管理することとなり、
予定を大幅に超えるもご依頼者のもとへ納品となったエピソードです。

【2013.04.14 Sunday 10:29】 author : やまひょう
| 福島:二本松時代箪笥の修復再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170746
トラックバック