江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< ちゃぶ台の修理 | main | 2012年03月29日のつぶやき >>
明治期の衣装箪笥・・・山形
明治期の古い山形箪笥。

本来は衣装を入れる箪笥だが、農作業小屋で道具入れとして使われていました。

「こんなにボロボロで、汚いですが直せますか?」

ご相談者の第一声です。



良く見ると、虫食いが大変多く見受けられます。

もう100年以上も前の箪笥ですからね。

職人の手が入れば驚くほどきれいに甦っちゃいます!

乞うご期待! 
【2012.03.29 Thursday 11:04】 author : やまひょう
| 山形:最上時代箪笥の修復再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック