江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 2012年08月7日のつぶやき | main | 杉丸太のスツール >>
全国各地より、続々と修理に寄せられる時代物の箪笥

続々と修理に寄せられる時代物の箪笥

長い時を経て現存する箪笥には
時代を感じさせる深い味わいと
日本人のDNAを呼び覚ます
どこか懐かしく、心を癒す温もりがあります。

キズ・シミ・汚れ・錆など
その多くの痛みは、思い出を語る形跡として愛着があり感慨深いものです。

そして、何よりもご依頼者の捨てるには偲び難い温かい心が
これらの箪笥を新たな用として甦るのです。

声を大にして言います。

日本人っていいなぁ〜!



最近寄せられた時代物の箪笥を一部ご紹介します。

^賈槊衣装箪笥



二つ重ね衣装箪笥・・・米沢箪笥(山形県置賜地方)



F鵑捗鼎涌畫箪笥(前桐)


て鵑捗鼎涌畫箪笥(総桐)


セ阿捗鼎曜瀑り箪笥


三つ重ね衣装箪笥



二つ重ね総引衣装箪笥

【2012.09.16 Sunday 12:44】 author : やまひょう
| 古箪笥の再利用/リペア/再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック