江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 時代物箪笥と座鏡 | main | 時代物箪笥の修復再生(山形最上箪笥) >>
座卓をリメーク
自然木を活かし素朴な座卓ですが、
今の住まいにマッチしないし、違和感がある。
とても分厚く移動するにも一苦労。

数十年前にお祝いとしていただいたものだから、
処分するにも偲び難い。

そんな古風な座卓をモダンなスタイルにリメークしました。

現状は天板の割れ・反りが見られる。

‖腓さ(長さを)・厚みを縮める。
脚は細身なスタイルに。

用材はヒノキが使われています。




割れが入った部分には
黒柿を使った契をいれました。

【2013.01.04 Friday 13:35】 author : やまひょう
| テーブル・座卓・ちゃぶ台の再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170792
トラックバック