江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 二本松箪笥の修理/今だから言える | main | 本当に同じタンスですか? >>
桐箪笥修理完了
戦後間もない嫁入り箪笥。
経年の痛みや汚れはご覧の通り。
このような状態でもきれいに甦るんですよ。





あんなにもまっ黒だったものがこんなにきれいに・・・
新たに手打ち金具を付けて甦ったのです。


 
【2013.05.21 Tuesday 09:06】 author : やまひょう
| 桐箪笥の修復再生 | comments(4) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
写真拝見して涙が出ました。母が修理をお願いした祖母の箪笥です。

いかに大変で丁寧なお仕事をされているか、先日突然そちらにお邪魔した母から繰り返し聞いております。

本当に、、、ありがとうございました。
大切に大切に大切に使わせていただき、娘にも受け継ぎたいと思います。
| 孫です | 2013/06/03 12:10 AM |
こちらこそ大変ありがとうございます。
温かいコメントを頂戴し感謝いたします。

突然で大変驚きましたが、
お母様とたくさんお話が出来ました。

このご縁を大切に今後ともどうぞよろしくお願いします。
| やまひょう | 2013/06/03 3:04 PM |
ご返信ありがとうございます。
別ページを拝見したところ別の方の箪笥だったようで、早とちり失礼致しました。。。
(母からも数日前に拝見した時に仕掛りだったのにそんな早いわけないでしょう、と笑われました)

改めて祖母の箪笥が出来上がるのを、母、伯母共々楽しみにしております!
| 孫です | 2013/06/05 5:09 PM |
お預かりした箪笥はこちらです

http://blog.yamahyo.com/?eid=1170828

まだまだこれからですがよろしくお願いします。
| やまひょう | 2013/06/07 5:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170825
トラックバック