江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 本当に同じタンスですか? | main | 西郷隆盛公の姪が使っていた箪笥 >>
おばあちゃんの嫁入り箪笥
『母が使用していた嫁入り箪笥・・・東京に住む娘へ受け継いで欲しい。』

千葉県在住F様からのご依頼品です。

汚れや傷など経年の痛みはありますが
分厚く、柾目の通った上質な桐材が使用されています。





金具を外して、表面の処理(凹み傷を復原)を行いました。



まだまだこれからがですが現状の報告です。
【2013.06.07 Friday 17:11】 author : やまひょう
| 桐箪笥の修復再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170828
トラックバック