江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 古箪笥の再利用  ローボードに | main | 時代物佐渡箪笥 手打ち金具の修理 塗り直し >>
古箪笥/時代箪笥/金具の修理/金具の塗装
明治期〰大正期までに最も多くつくられた金具付きの衣装箪笥。

先人の職人技。
彫金技術が冴えわたる手打ち金具の修理です。


銀色に輝くつまみ部分が欠落し、復刻・復元修理をしました。
サビ付いた表面も全て磨き直しております。



刷毛塗りできれいに甦りました。
 


こちらは違う箪笥の金具です。
ご覧の通り、サビ付いた表面を磨いた状態です。



一棹の箪笥でもかなりのパーツがあるんです。
こちらはほんの一部・・・
鼻の穴をまっ黒くして磨いてます。

【2013.06.15 Saturday 09:04】 author : やまひょう
| 家具の修復作業 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170835
トラックバック