江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 古き長火鉢の修復再生 | main | 大正期の時代物衣装箪笥を修理 >>
時代物仙台箪笥の修復・再生・修理
富山県富山市在住T様(女性)より修理依頼品です。

所有して十数年。
T様のご実家から譲り受けた箪笥だそうです。
いつか直そうと思っていたものでこの度ご縁があり修理依頼をいただきました。
捨てるには偲びがたく、
思い入れのある和箪笥はご依頼者の温かい想いがあって今日蘇ったのです。

中段右扉錠前金具が紛失→同時代の仙台箪笥を真似て復刻
引出のガタつきや木部のキズや隙間など多くの痛みが見られる・・・
一部解体して組み直し修理の工程を経て修復いたしました。

箪笥の引出が大変深く衣装入れと言うよりは、
他に収納する用途があって特注された箪笥のように思われます。

【修復前】


【修復途中】

【修復後】
【2014.01.04 Saturday 11:26】 author : やまひょう
| 宮城:仙台箪笥の修復再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170857
トラックバック