江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 大正期の時代物衣装箪笥を修理 | main | お袋が使っていた古い和箪笥・・・修理編 >>
昭和の三つ重ね総桐箪笥の修理 和風総本家をご覧いただき・・・
東京都在住北区在住 佐藤様(70代女性)

2013年の2月に放送されました
「和風総本家」のテレビ番組を見て桐箪笥の修理のご相談を電話でいただきました。
「私が使用していた桐箪笥を嫁さんに使って貰いたくて・・・。」
ご先祖様が材木商に携わっていて桐材を吟味して作った箪笥だそうです。
確かに柾目が冴えきめ細かい用材で造りも大変込んだものでした。

【修復前】



【修復後】

【2014.01.04 Saturday 16:19】 author : やまひょう
| 桐箪笥の修復再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170859
トラックバック