江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 昭和の三つ重ね総桐箪笥の修理 和風総本家をご覧いただき・・・ | main | 2014年01月4日のつぶやき >>
お袋が使っていた古い和箪笥・・・修理編
山形市在住K様(60代男性)

亡きお袋さんが使っていた箪笥。
この度ご新築を機に全面修理のご依頼です。
錠前金具の牡丹文様は大型で鏨の切れ味がすばらしい。
金具のサビが目立ち、腐食や紛失してしまったものもある。
金具は当時のオリジナル品で手づくり品。
既製の量産金具と比べ大変希少である。

再生前


再生後
【2014.01.04 Saturday 17:44】 author : やまひょう
| 山形:最上時代箪笥の修復再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170860
トラックバック