江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 見てね! | main | 捨てられる予定だった明治期の衣装箪笥 >>
手打ち金具を使って、新たな時代物箪笥へ
『時代物箪笥の再生ビフォーアフター』
昭和期につくられた和箪笥。
ご依頼者のおばあちゃんのものらしい。
あちこちに多くの痛みが見られ、金具は量産の既製金具が使われている。
見栄えを豪華にそして華やかに・・・!
錠前や取手の手打ち金具を新しくつけることで更に見ごたえのある箪笥へと生まれ変わりました。
 
【2015.09.16 Wednesday 14:04】 author : やまひょう
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170883
トラックバック