江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 裸の和箪笥 | main | 真っ赤な和箪笥 >>
母の嫁入り箪笥を囲む

ご依頼者は50代女性、福島県いわき市在住のお客様です。

M様、この度はご用命いただきありがとうございました。

 

先日M様より温かいメールを頂戴いたしました。

 

「母や叔母たちを呼んでおばあちゃんの嫁入り箪笥を囲んで思い出話に華を咲かせております。」

 

昭和初期頃で約90年前の二本松箪笥です。

 

亡き祖母様の嫁入りタンスを前に、母を偲び、思い出を語り合ったおば様方・・・

 

もう80は超えてらっしゃるでしょうか?

 

幾つになっても母への想いは変わらないですね。

 

とってもあったかいお写真をありがとうございました。

 

【2019.05.19 Sunday 17:02】 author : やまひょう
| 福島:二本松時代箪笥の修復再生 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamahyo.com/trackback/1170913
トラックバック