江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 出張!和箪笥診断 | main | 河北新報に掲載されました >>
和箪笥診断 出張編

和箪笥診断 出張編

 

山形市内在住 80代女性からのご相談です。

 

「私がまだ動けるうちに身の回りのものを少しづつ整理しているんです。」

 

「嫁入りの際、両親が持たせてくれた大切な箪笥ですが処分したいと考えています。」

 

‐赦造硫覇り箪笥

 

 

昭和中期ごろにつくられた洋服箪笥です。

ある程度量産で作られ始めたのがこのタイプではないのでしょうか!

タモ材の縮れ杢がとってもきれいですがベニヤ材に薄く貼り付けられた用材は

塗膜と全体的に細かな割れが出ていました。

 

⊂赦卒の桐箪笥

 

 

こちらも嫁入り箪笥だそうです。

前面だけ桐材、三方は桐材だけど・・・

といった一部杉などを併せてつくられたものが多いのですが

こちらは引出しの内部裏板などすべてに桐が使われた総桐箪笥です

 

ご両親が吟味して持たせたのだろうと和箪笥から感じ取ることが出来ました。

 

和箪笥の診断結果・・・

 

△龍傭戎擇禄菠を止め、,陵良箪笥を供養して処分することに・・・

 

 

国の重要文化財

『松尾観音堂』(蔵王半郷)の宮司様により

お祓い・お清めの儀式を行います。

 

儀式には『単独』と『合同』の2種があり、当社では配送や管理、手続きのお手伝いを行っております。

費用が伴いますので詳細はお問合わせください。

 

〜思い出家具工房 時代屋さん〜

家具のヤマヒョウ

山形県山形市蔵王半郷109-5

023-688-2624

jidaiya@yamahyo.com

担当 : 代表 井上英俊

【2020.01.29 Wednesday 11:03】 author : やまひょう
| 和箪笥診断 | comments(0) | - |
この記事に関するコメント
コメントする