江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 各社テレビ局さま 報道ありがとうございました | main | 朝日新聞に掲載いただきました。 >>
和箪笥のコンパクト再生

『和箪笥は我が家の生き証人』

 

引っ越しや住まいの建替えの際、大量の家具が捨てられている現実を目の当たりにして来ました。

 

しだいに自分たちは『粗大ゴミ』を売っているのではないか?

 

と罪悪感を覚えるようになり、捨てるにはしのびない家具の発掘と次世代へ継承すべく新たな価値を見出すため

 

約10年前から全国向けに時代箪笥のリペアサービズを行って参りました。

 

全国より和箪笥のお悩み相談をいただく度に、家具がご家族やご先祖、親族とのかかわりを繋ぐものであることを知り

 

私は大切な家具を次世代へ継承する時代箪笥の伝道師を自称しています。

 

処分する前に「和箪笥を診断」し、ご相談者にとってベストな再生方法を探ります。

 

「古い和箪笥は大きくて継承したいのだが現在の住まいには合わないし、置くスペースがない。」

 

そんなお悩みから生まれたのがコンパクト再生。

 

原寸大から約半分ほどにリサイズして和箪笥の風貌を壊すことなくコンパクト化を実現。

 

奥行きも詰めています。

 


 

原寸寸法

幅105×奥行45×高90

コンパクト寸法

幅51×奥行36×高91

 

 

 

 

【2020.02.04 Tuesday 09:42】 author : やまひょう
| - | comments(0) | - |
この記事に関するコメント
コメントする