江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 再生した時代箪笥のお届け | main | 解体現場から救出! >>
出張!和箪笥診断  〜玄関ホールに演出〜

玄関ホールに和箪笥を置いて、お花を絶やすことなく飾りつけを楽しんでいます。

 

 

お客様をお迎えする素敵な演出ですね。

 

大正期につくられた祖父さまの衣裳箪笥だそうですよ。

 

抽斗表面素材は高価なケヤキ材が使われ、吟味してつくられたとモノと窺い知ることが出来ます。

 

抽斗の底板や本体背面と側面、大きな割れや歪みとして痛み現れています。

 

「大切にして来た箪笥だから直して欲しい」

 

「あちこちに転勤した際も持ち運んで使い込んで来ました」

 

全面的な修理をご希望され、今から出来上がりのイメージを膨らませています。

 

【2020.03.27 Friday 16:54】 author : やまひょう
| 和箪笥診断 | comments(0) | - |
この記事に関するコメント
コメントする