江戸時代の和箪笥から現代に至るさまざまな痛んだ家具を修復する日々・・・。
日本家具の原点は「和箪笥にあり!」地域独自に育まれた箪笥は、特に個性があっておもしろい。
 
<< 解体現場から救出! | main | 思い出の時代箪笥〜私たちが継承します。 >>
再生した和箪笥を玄関ホールで素敵に演出!

出張無料!和箪笥診断

 

山形県米沢市内へ70代女性からのご依頼で伺いました。

 

現在、お住まいをご新築中とのことで小屋倉庫での診断となりました。

 

元は白肌であったろう、用材にヒノキをつかった二ッ重ねの和箪笥になります。

 

金具は昔の米沢箪笥のものとは異なり、

量産の既製金具が使用されているため昭和中期以降のものと思われます。

 

片開きの扉が上段部にあるのは米沢式でその特徴が継承されているのはおもしろいですね。

 

 

【ご提案】

 

金具はおとなしめでシンプルなので

木部を赤色にして漆器のような塗上がりを愉しめる和箪笥としてはいかがでしょうか?

 

玄関ホールに置くと伺いました。

お客様を迎える演出としてとっても素敵なアイテムになろうかと思います。

 

 

【玄関ホールに設置】

 

吹き抜けの天井が開放的で真新しい畳からイ草の香りが漂います。

 

赤は派手かな?!と思われますがこれが見事に調和しています。

 

日本人として生まれてよかった・・・

 

そんな癒しを与えてくれる素敵な空間でした。

 

 

 

【2020.04.22 Wednesday 12:02】 author : やまひょう
| 山形:米沢時代箪笥の修復再生 | comments(0) | - |
この記事に関するコメント
コメントする